きままに神社を参拝して御朱印を頂きます~秋葉神社へ

本日は、東京台東区松が谷の秋葉神社へお参りします。こちらの神社は秋葉原駅名の由来となった神社であります。(参拝日2019年9月11日)

秋葉神社の御朱印です。初穂料300円 拝殿向かって左側にある社務所で頂けます。

秋葉神社(東京都台東区)


東京台東区に鎮座してます秋葉神社へお参りします。社号は当初鎮火神社でした。昭和五年(1930年)に秋葉神社と改称される。


神社情報

鎮座地:東京都台東区松が谷3-10-7

創建:明治三年(1870年)

御祭神:火産霊大神(ほむすびのおおかみ)・・・火の神

    水波能売神(みづはのめのかみ)・・・水の神

    埴山比売神(はにやまひめのかみ)・・・土の神

ご利益:火災鎮護、災難除け

例大祭:5月18日

鎮火祭・火渡神事:11月6日

社務所受付時間:9時~17時


1.ご由緒

明治初年東京府内に火災が頻発し市民の難渋せる状を御憂慮せられた英照皇太后(明治天皇御母)の思召しを以て、明治天皇より太政官に御下命になり、宮城内紅葉山より鎮火三神を奉還し東京府火災鎮護の神社として現今の秋葉原の地の創建せられたのが当社の始めである。明治二十一年鉄道駅設置のため境内地を払下げ現在地に御遷宮となる、秋葉原の駅名も当社名にその因を発する。

2.秋葉神社の境内

 

存在感のある字で秋葉神社と書かれてます
手水舎で身を清めます
勇ましい顔立ちの狛犬です
江戸時代には幾度となく大火災が発生した事から、秋葉大権現(秋葉山)が火防(ひぶせ)の神として信仰を集めていたが、本来この社は秋葉大権現と関係はない。しかし、秋葉大権現が勧請されたものと勘違いした人々は、間違わないようにこの社を「秋葉様」「秋葉さん」と呼び、社域である周辺の火除地(空地)を「秋葉の原(あきばのはら)」「秋葉っ原(あきばっぱら)」と呼んだ。 鎮火社はいつしか秋葉社となり、1888年(明治21年)日本鉄道が建設していた鉄道線(現在の東北本線)が現在の上野駅から秋葉原駅まで延長され、秋葉の原の土地が払い下げられたのに伴って現在の場所に移転した。その後1930年(昭和5年)に秋葉神社と改名された。ちなみに秋葉権現(あきはごんげん)とは、秋葉山の山岳信仰と修験道が融合した神仏習合の神である。
朱色の社殿が際立って見応えあります。
綺麗に管理されて清潔感がありました。
扁額も立派です
遷座百年記念の石碑
東側にある鳥居です
社務所で御朱印頂きます。
御朱印は基本2種類あります。右が通常、左が大ひさごの御朱印となります。
10月1日~14日までの限定御朱印の予告も貼ってありました。

3.参拝後の感想

社務所前で掲示板を見てたら神職の方がきさくに話しかけてくださり色々お話を聞かせて頂いて、何だか心があったかくなりました、有難うございます。

火除け地として秋の原が秋葉原になったという由来が実に興味深く感じました、改めて地名には奥深い歴史が紐づいているのと、普段自分が住んでいる地がどういう経緯でこの地名になったのか調べたくなりました。

「ひさご」について・・・御朱印にも押されてます、ひさごについて書き加えておきます。ひさごとは、ひょうたんというと解り易いでしょうか、古い書物にも荒ぶる火を鎮めるために力を頂くものとして、火の神、水の神、土の神とともに記されているものの一つが「ひさご」です。ひさごは古くから水を汲むのに用いられたものであり、昔話の中には、大火が迫ってきた時にひさごを天に向けて水を撒くしぐさをもって祈念したことで火を鎮める雨が起き類焼を免れたとする伝承も残されています。また「火避ご」が転じた言葉であるとも言われ、災いを除ける象徴と言えましょう。

4.地図・アクセス

アクセス:東京メトロ日比谷線 入谷駅 徒歩5分、東京メトロ銀座線 稲荷町駅 徒歩10分

駐車場:なし

 

 

 

投稿者: momochi

どうもMOMOCHIです。 基本はバイクで御朱印巡りに行きます。神奈川を中心におじさんが行動してます。ツーリングや役に立つ情報を書いていきたいと思います。GSR250に乗ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です