きままに神社を参拝して御朱印を頂きます~報徳二宮神社~小田原城(桜)

どうも、MOOCHIです。

今日は、所用で小田原に来てるので報徳二宮神社と桜を見に小田原城を散策したいと思います。御祭神の二宮尊徳は農聖としてその名を全国に知られております。(参拝日2019年4月3日)

報徳二宮神社の御朱印です。小田原城内に鎮座しております。

報徳二宮神社(神奈川県小田原市)


神奈川県小田原市にある報徳二宮神社へ御参りします


神社情報

鎮座地:神奈川県小田原市城内8-10

創建:1894年

御祭神:二宮尊徳翁

ご利益:学業成就 商売繁盛 災難厄除

例祭日:4月15日


1.ご由緒

 明治二十七年(1894)四月、福住正兄が中心となり、二宮尊徳翁の教えを慕う6カ国(伊勢、三河、遠江、駿河、甲斐、相模)の報徳社の総意により、尊徳翁を御祭神として、生誕地である小田原の小田原城二の丸小峰曲輪の一角に、神社が創建されました。明治四十二年(1909)本殿・幣殿を新築、拝殿を改築し、神苑を拡張し現在の社地の景観へ整えました。

平成六年(1994)には創建百年記念奉告祭を斎行して今日に至っています。 社殿は神明造り。

なお、拝殿礎石は天保の大飢饉の際、藩主大久保公の命により尊徳翁が小田原城内の米蔵を開き、米が人々の手にわたったことにより、小田原十一万石の領内から一人も餓死者を出さずにすんだという。その米蔵の礎石が用いられています。(頒布資料より)

2.報徳二宮神社の境内

立派な鳥居です。
参道の桜がきれいです。

手水舎で清めます。
案内板には、当時千体制作した像も戦時中に供出で失ってしまい、この一体だけと記載してます。
二宮金次郎像です。
幼少時の逸話が一般的に知られていますが、後に「報徳仕法」と呼ばれる独自の方法と理念で、小田原藩や日光神領などを含む、多くの諸家諸領の復興に尽くしました。直接・間接的に指導した農村は六百余りにものぼるとか、すごい人です。
二宮尊徳は、今の小田原市栢山出身です。
きんじろうカフェ

境内の桜はほぼ満開でした。

拝殿でお参りします。

こちらに入ったところが社務所です。
こちらで御朱印頂きました。御朱印代はお気持ちでした。

3.参拝後の感想

今日は、電車で来ました。のんびりお参り出来、小田原城も登って天守閣から見る光景は殿様気分でした。小田原城内の桜は7~8分咲きでしたが十分見応えあって楽しかったですね。

二宮尊徳をよくよく調べてみると、二宮金次郎は子供時代の名前でして本来は、二宮金治郎というらしいのですが、二宮金次郎のほうが慣れ親しんでますね。ちなみに、大人になってからは、二宮尊徳となりますが、この尊徳も「そんとく」という送り仮名が一般的ですが、本来は「たかのり」と読むそうです、知らなかったです。

二宮尊徳は多くの名言を残しました。中でも私が気に入ってる言葉が、積小為大(せきしょういだい=小さな事を積み重ねて大きな事を成し遂げる)私もコツコツ派なので共感します。

4.小田原城

絵になりますね。
どんだけ背の高い松なんでしょうか
小田原城は全国で7番目に高いお城だそうです 27.2m
ここまで来たんだから、天守閣まで登ってみようかな

城址公園内には、こども遊園地があります。 豆汽車やバッテリーカーなどの遊具があります。

天守閣からの眺めです。
この先に見えるのは江の島みたいです。
常盤木門
堅固な門です。

5.地図・アクセス

所在地:神奈川県小田原市城内8-10

アクセス:JR東海道線・小田急線「小田原駅」東口より徒歩で15分

小田原厚木・西湘バイパス自動車道「荻窪・小田原出口」より車で15分

駐車場:境内に駐車場有り(有料)